『こころ』

■青空文庫から『こころ』を一部抜粋
 私はそうした矛盾を汽車の中で考えた。考えているうちに自分が自分に気の変りやすい軽薄もののように思われて来た。私は不愉快になった。私はまた先生夫婦の事を想(おも)い浮べた。ことに二、三日前晩食(ばんめし)に呼ばれた時の会話を憶(おも)い出した。
「どっちが先へ死ぬだろう」

 私はその卓上で奥さんからその日いつもの時刻に肴屋(さかなや)が来なかったので、私たちに食わせるものを買いに町へ行かなければならなかったのだという説明を聞かされました。なるほど客を置いている以上、それももっともな事だと私が考えた時、お嬢さんは私の顔を見てまた笑い出しました。しかし今度は奥さんに叱(しか)られてすぐ已(や)めました。

■『こころ』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。

  

ブックマークサイト

<カラコン>
度入りでワンデーの赤カラコンを探している人の参考になると思います。
度入りの赤カラコン 1day おすすめ
1day以外にも赤カラコンについていろいろと書かれています。

<ホテル情報>
東京駅から徒歩圏内にあるホテルで特に女の人におすすめできそうなホテルについて書かれています。
東京駅 安いホテル 女の人にお勧め
旅行などで東京駅近くのホテルを探している女性にお勧めです。